​ピロリ菌

専門外来

images.jpg

現在、日本人2人に一人はピロリ菌に感染しています。ピロリ菌は胃の粘膜に炎症を起こし、慢性胃炎・胃潰瘍・胃がんの原因になります。

ピロリ菌を除菌する事により、胃癌の予防をする事が出来ます。

ピロリ菌の除菌の費用は公的医療保険が適用されないので全額自己負担となります。

胃カメラ検査後、慢性胃炎と確定した場合、保険の適用となります。

【対象となる方】

胃がん予防の為のピロリ菌の除菌を希望される方・・・

ピロリ菌感染の有無を調べたい方・・・

他の医療機関でピロリ菌除菌を勧められた方など​

​ピロリ菌専門外来のご案内
胃・十二指腸潰瘍の経験のあるかたや、再発を繰り返す方、胃炎の方、胃MALTリンパ腫の方や免疫性(突発性)血小板減少性紫斑病(ITP)の方、早期がんの内視鏡的治療を受けた後の方は、健康保険で検査を受ける事が出来ます。その他、胃癌家系でご心配な方や、なんとなく胃の具合がいつも悪い方などは医師にご相談ください。人間ドックや検診などで希望がございましたら自費でも検査を受ける事が出来ます。
尿素呼気試験法(ユービット)
ピロリ菌が持つウレアーゼという酵素により、胃の中の尿素を分解して、アンモニアと二酸化炭素を生成します。尿素の分解により、アンモニアと同時に生じた二酸化炭素は速やかに吸収され、血液から肺に移行し、呼気中に炭酸ガスとして排泄されます。この原理を利用し、お薬を服用していただき、ピロリ菌に感染している場合では、尿素が分解される為、呼気に反応が出ます。
内視鏡を使う検査方法(迅速ウレアーゼ試験)
​尿素と㏗指示薬が混入された検査試薬内に、内視鏡時に胃粘膜より摘み取った組織を入れます。摘み取った組織中にピロリ菌が存在する場合には、ピロリ菌が持つウレアーゼにより試薬の㏗が反応し試薬の色の変化で確認致します。
除菌薬服用後の判定検査の重要性
除菌薬服用後、胃の中に本当にピロリ菌がいないかを知ることはとても重要です。なかには一度で除菌出来ない場合もあります。除菌後の判定検査を受診し、ピロリ菌の有無を確認んしましょう。
除菌後のフォローアップ
除菌に成功したからと言って、胃癌などの病気にならないわけではありません。ピロリ菌に感染している機関が長いと、胃の粘膜が正常に戻るのに時間がかかるからです。除菌後も定期的に内視鏡検査などを受け、胃の状態を確認しましょう。